オールインワンのインシデント管理システム登場!

インシデントレポート管理システムIras nextは、インシデント報告から分析、教育までをトータルにサポートするオールインワン のシステムです。外来診療所や急性期病院をはじめ、療養型病院、精神科病院、大学病院など幅広くご導入いただいております。
グループ病院の複数施設にも対応しております。

製品概要

インシデント・アクシデント報告機能

  • 発生日時、場所、発生から発見までの経過、発生場面や内容、事故への対処等を リストBOX、ラジオボタンにより入力を可能と しスクロールによる1画面での報告を実現します。
    報告画面は、施設毎にマスターで変更可能です。必須入力項目の設定も変更可能です。
    便利な付箋機能も搭載しています。

インフォメーション機能

  • インシデント報告情報の通知、院内情報のお知らせ(e-ラーニングのお知らせ等)、利用者間でのメッセージ交換が可能です。
    利用者間のメッッセージ交換はファイル添付も可能です。

データ集計機能

  • 発生場所、発生月、時間帯等の大項目に加え詳細項目での集計が可能で、グラフ、クロス集計表がEXCEL形式で出力できます。使用頻度の高い集計条件はパターンとして登録可能です。

分析サポート機能

  • 代表的なRCA分析(なぜなぜ分析)をはじめ4M5E、SHELL、P-mShellの分析についてサポートする機能を搭載し、院内の分析 作業、教育に役立てていただけます。

改善機能

  • 報告部門に対して改善の実施要請を行う機能を実装しています。改善の要請、実施、確認の入力が可能で、複数サイクルでの入力が行えます。

e-ラーニング機能

  • 施設内で閲覧が必要な文書、動画をアップし受講管理ができる機能を標準実装しております。
    受講者一覧、未受講者一覧などの管理資料が取得可能で、簡易的な試験問題を作成し、試験結果の管理も行えます。

アンケート作成機能

  • e-ラーニングに伴うアンケート、施設内の様々な事にまつわるアンケートの作成、実施が可能です。

機能評価機構報告

  • 機能評価機構への提出データの作成は画面で確認が可能です。
    件数報告は機能評価機構への報告画面が自動表示されます。

電子カルテ連携(オプション)

  • 利用者情報連携、患者情報連携

その他機能

  • 院内で活用できるCSV形式での出力も可能です。
  • インシデントの情報収集以外の用途(接遇、簡易針刺し情報等)の画面設定も可能です。
  • 複数施設に対応しております。

製品に関するお問い合わせ

ソリューション事業本部 ソリューション営業部 営業1課

  • 東日本エリア TEL : 03-5289-9966 / FAX : 03-3258-4400
  • 西日本エリア TEL : 075-662-7055 / FAX : 075-662-7058

E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。