WBCは、システム導入のプロという観点より、システム運用のプロという観点で支援します。

クライアント仮想化ソリューション

クライアント仮想化ソリューション(VDI・SBC・Racdes サービス)

 多様な働き方の促進や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、政府がテレワーク推進を加速させている状況など、場所や時間を選ばずに仕事ができる環境整備が急がれています。押さえるべき概要や効果、実現するための技術、セキュリティの確保など担当者の頭を悩ます課題について、WBCの「クライアント仮想化ソリューション」はシステム設計・構築から導入後のサポートまでワンストップで対応します。
 クライアント仮想化システムの提供タイプは、国内市場で好まれている占有型の「オンプレミス型」「プライベートクラウド型」、提供方式は「VDI方式」「SBC方式」をご用意しています。
 また、サポート面はシステム保守から導入後のシステム運用管理までフルにサポートする「Racdes サービス」までご要望に合わせて提供します。
 お客様環境へのクライアント仮想化システム導入の事前評価・検証をご⽀援する「PoC 支援サービス」もご用意しております。

方式

 VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式は、ハイパーバイザー上に複数のデスクトップ環境を構築し、接続デバイスからネットワーク経由でアクセスする方式です。接続デバイスでは操作と画面表示のみを行います。
 複数のデスクトップ環境を稼働させるため、仮想基盤側(ハードウェア)にCPUやメモリ等に加え、クライアントOSをインストールするためのHDD容量が必要となりますが、接続デバイスそれぞれが違うアプリケーションを利用することも可能です。



概要

 SBC(Server Based Computing)方式は、アプリケーションの起動・処理はサーバ側で行い、接続デバイスでは、操作と画面表示のみを行います。
 サーバ上のアプリケーションをアクセスするユーザ全員で共有するため、比較的低コストで導入できるメリットがありますが、接続デバイスそれぞれが違うアプリケーションを利用することはできません。
 また、サーバへのアクセスが集中すると動作が不安定になったり、アプリケーションの不具合発生がすべてのユーザに影響を与えるリスクもあります。

1つのOSを1ユーザで利用 特長 1つのOSを複数のユーザで利用
VMware Horizon 製品 Microsoft Remote Desktop Services
VMware Horizon Apps

【フルクローン】
特殊アプリケーションがある
場合やパワーユーザー向け

【リンククローン】
共通アプリケーションのみで
業務が可能なユーザー向け

最適な環境

特定のアプリケーションのみで
業務が可能なユーザー向け

アプリの互換性


ServerOS、マルチユーザ対応など制約

サーバ、スイッチ、共有ストレージ、UPS
 ※各サーバの冗長化構成
ハードウェア
構成
サーバ、スイッチ、共有ストレージ、UPS
 ※各サーバの冗長化構成
ハードウェア、ソフトウェアのコストは
SBCに比べて高価
コスト ハードウェア、ソフトウェアのコストは
VDIに比べて安価

イメージ図(オンプレミス型)

クライアント仮想化のヒント

▮ AD(Active Directory)、ユーザプロファイル

クライアント仮想化におけるAD(Active Directory)の役割は、物理環境と変わらず、認証基盤・アカウント管理・デバイス管理となります。また今までの物理環境と変わらず、グループポリシーによる管理や移動ユーザープロファイルやフォルダリダイレクトも利用可能です。
これらはクライアント仮想化システムの導入に関するアセスメント範囲として取り組むことが重要です。

▮ ファイルサーバ

クライアントから接続されることが多いファイルサーバは、基本的にクライアントから近い位置にある方がレスポンスが良くなります。ファイルサーバの設計もクライアント仮想化で重要な要件となります。

▮ プリンタ

場所やデバイスにとらわれない利用が可能なクライアント仮想化ですが、プリンタや複合機などは場所に縛られることがありますので、設計の段階から考慮することが重要になります。

▮ 周辺機器、アプリケーション

物理クライアントPCなら利用可能な周辺機器・アプリケーションが、クライアント仮想化システムでは利用できない場合があります。デスクトップOSの仮想マシンの制限によるもので、利用できない周辺機器の種類はクライアント仮想化システムの種類などに左右されます。
特にUSB機器については注意が必要です。
最近、業務に必須となるWeb会議(Zoom・MicrosoftTeams・GoogleMeet)の利用についても注意が必要になります。

▮ 外部接続(リモートアクセス)

在宅勤務やリモートワークなど外部(社外・学外)からの接続(リモートアクセス)については、多くのセキュリティリスクが存在します。接続方法によってセキュリティの強度は変わりますので、社内で対策できるかどうかが重要になり、自社に合ったセキュリティ対策を行い、安全なリモートアクセス環境の整備が必要になります。

▮ 稼働後の運用管理

クライアント仮想化システムは、いくつものコンポーネントで構成されており、導入後の運用管理にあたっても、システムに対する広い知識が必要になります。システムを構成するソフトウェアのバージョンアップやその上で動くアプリケーションについても、新たなバージョンの動作検証が必要になります。運用面のアウトソーシングなども検討事項になります。

▮ 最適なライセンス契約

導入前には、保有している各種ソフトウェアライセンスの内容と契約本数などの確認が重要になります。
永続ライセンス・サブスクリプションなど契約形態が多様化しており、本当に必要なライセンスを判断することが重要です。

クライアント仮想化ソリューションに関するお問い合わせ

ソリューション事業本部  ソリューション営業部  営業2課

  • 西日本エリア    TEL : 075-662-7055
  • 東日本エリア    TEL : 03-5289-9966

E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

お問い合わせ・資料請求はこちら